ダブルファンタジー 栁俊太郎が演じる大林一也は実は重要人物

スポンサーリンク




WOWOW連続ドラマW「ダブルファンタジー」(全5話)。

現在第3話まで放送が終了しています。

次回第4話から、主人公の高遠奈津(水川あさみ)のメインの相手となっていくのが、柳俊太郎さん演じる、新進俳優 大林一也です。

前回、栁俊太郎さん 彼はどんな人なのか?

に注目したのですが、今回はこのダブルファンタジーでの役どころに注目です!

新進俳優 大林一也とはどんな役どころ?

「惚れた女を誰かと共有するなんて無理だわ。」

ダイジェスト版で大林はそう奈津に言っています。

大林は、脚本家 志澤の弟子であり、野心に燃える新進俳優です。

第3話で志澤を囲みお酒を飲むシーンですでに登場しています。

志澤と奈津の関係を知りながら、嫉妬のような感情をもちつつ奈津にアタックをしていきます。

栁俊太郎が語るダブルファンタジー 大林一也とは?

ダブルファンタジーについて、栁さんは

「原作を読み、人間の繊細な感情をついてくる作品だなと感じていた。」

脚本を読み、演じることに関して

脚本を読んで、非日常的なセリフがあるが、人が恋愛をするときはみんなそれぞれが作り上げるファンタジーがあると思っている。

だから、そこからかけ離れすぎることもなく、かといって日常的すぎることもないバランスを考え大切にしていた。

と語っています。

役作りでこだわりについて質問されると

「肉体改造です。ベッドシーンやダンスシーンがあったので、13~14キロ増量して挑んだんですけど、着替えていた時にほそっと言われ、まだ足りなかったのかと思いました。」

と話しています。

13キロの増量をして挑んだ栁俊太郎さん。

モデルとして活躍する栁さんは長身でスラッとした印象があります。そんな彼が13キロの増量をしてもまだ細いって逆に気になります!

そして、ダブルファンタジーの宣伝で使われている、水川あさみさんを抱きしめている男性の後ろ姿!

実は、栁さんの背中なんだそう!このシーンがどこに出てくるのか?探さないとです。

 

第4話の次回、その肉体美が披露されることになっていきますから、田中圭さんの岩井の次に注目ですね!

スポンサーリンク

水川あさみとのベッドシーンを栁俊太郎は?

完成披露試写会の中で、水川あさみさんとのベッドシーンについて質問をされると、

ワクワクドキドキしていたし、演じながら感情は高まっていたと答える栁さん。

そんな中、水川さんにラブシーンはアクションであるといわれ、役者としての新たな気づき学びを得た様子。

水川さんも村上さんも、ベッドシーンはアクションシーンという考えで一致。

手の角度から、のけぞるタイミングなどもすべて相談しながら決めていき演じるのが役者の仕事。

現場のみんなで作り上げるという感覚が強いそうです。

栁さんにとっては、この作品は挑戦だったそうですが、これまで演じてきている個性的な役柄の中では、かなり人間味のある役の様にも感じられます。

ダブルファンタジーで大林一也は重要な人物だった

ダブルファンタジーの中で、不倫でもなく禁断の恋でもなく関係を持つのが大林です。

奈津の自立の過程で、大林は重要な役割をもっているといえます。

そして、それを決定打にするのは、ダブルファンタジーの続編「ミルク・アンド・ハニー」です!

続編の中で、奈津が再婚する相手が大林なのです。

ダブルファンタジーの最後のシーンは花火大会なのですが、その時奈津の隣にいるのは大林のはずです。

奈津が男性と対峙する中で高遠奈津という自分自身や、女としての人生に向き合っていく姿を描いています。

「奈津が男を踏み台にし自立する。」という表現を原作者の村山さんはしています。

自分の中にある寂しさを、タブーとせず、寄り添いともに生きていくことを受け入れる奈津にとって、大林との関係がどう描かれるのか注目です。

スポンサーリンク