田中圭の新ドラマ7月からは『ケンカツ』「健康で文化的な最低限度の生活」

スポンサーリンク




「おっさんずラブ」のはるたんこと春田創一。
そして「ダブルファンタジー」の岩井良介。
と180度のふり幅で役を演じている田中圭さん。

もうドラマで目にしないことはない人気の俳優さんです。
田中圭ファンは現在ダブルファンタジーの岩井役にキュンキュン。

そんな田中圭さん、7月スタートのクールでの新ドラマも、もちろん出演していますよ!

田中圭の7月新ドラマは「健康で文化的な最低限度の生活」

7月スタート カンテレ(フジテレビ系)火曜21:00 通称「火9」のドラマ「健康で文化的な最低限度の生活」。

女優の吉岡里帆さんが主人公の新人公務員でありケースワーカーの義経えみるを演じます。

不器用でありながらも、情に厚くひたむきで一生懸命。
そんな彼女が壁にぶつかりながらも受給者に寄り添い、彼らの救いになっていく姿を描くヒューマンドラマです。

その中に登場する、えみるの上司 京極大輝(35)を今回、田中圭さんが演じます。

このドラマの原作は柏木ハルコ氏による『週刊ビッグコミックスピリッツ』(小学館)で連載中の同名コミック。
生活保護という社会的なテーマでありながら、既刊6巻で累計50万部を超え記録しています。

ドラマ「健康で文化的な最低限度の生活」あらすじ

誰かのために、汗かく、夏。

映画監督という夢を抱いていたが挫折。
安定を求めて公務員として就職した、平凡で等身大の新人ケースワーカー 義経えみる22歳(吉岡里帆)。

最初に配属された「生活課」で彼女を待ち受けていたのは、個性豊かな職場の仲間たちと、生活保護現場の壮絶な現実だった。

それは、安定とは程遠いものだった。

彼女が担当するのは東京都東区の110世帯の生活保護受給者たち。
その受給者たちには知れば知るほど奥深い、それぞれの「人生」があった・・・。
生活保護受給者となった彼らの人生は、どこか歯車が狂ってしまっている。

そんな彼らをどうすれば希望ある明日へ導けるのか・・・?

彼らの人生に、寄り添い、向き合い、そして自立への道筋を見つけ出していくこと。
それが、えみるに課せられたミッションだ。

22歳の新人が、壁にぶつかり、喜び、悲しみ、時には怒り・・・
そしていつしか、誰かの希望の光になっていく。

お金、健康、仕事、家族…と誰にとっても身近なテーマを描いたドラマ。
そんな様々な人生模様が、生活保護現場を舞台に、時に明るく、時に切なく描かれたヒューマンお仕事ドラマです。

スポンサーリンク

えみるを取り巻く人物 キャストと共演者たち

東京都・東福祉事務所のメンバーで、えみるを物腰柔らかに指導する指導係 半田明神役に井浦新。

半田とは真逆のスタンスで仕事の厳しさを教える上司 京極大輝役に田中圭。

えみると同期で一般職 新人ケースワーカー。物事をはっきりと言う熱い男でありながら、母子家庭育ちのマザコン 七条竜一役に山田裕貴。

同期の福祉専門職 新人ケースワーカーで頭脳明晰な才女。寄り添うかかわりが苦手な栗橋千奈役に川栄李奈。

えみるの担当受給者で、お茶目でつかみどころがないキャラクターながら、実は役所に言えない秘密を抱えた阿久沢正男役に遠藤憲一。

と個性豊かで一筋縄ではいかない登場人物たちを、今話題の俳優陣が演じています。

田中圭が演じる京極大輝ってどんな人物?

お金にシビアで、「就労!」「徹底調査!」と厳しく檄を飛ばす係長。

法や制度に基づいた運用を求める現実派。
そのため、受給者に感情移入して突っ走るえみるに立ちはだかることも。

指導係の半田とは真逆のスタンスで仕事の厳しさを教えてくれる上司。

だそう。

そんな京極大輝を演じる田中圭さん。
ドラマでは厳しい役のようですが、撮影現場では笑顔で楽しくキャストと過ごしている様子が公式インスタグラムにアップされています。

また、このインスタ投稿で注目すべきは田中圭さんのコメントとハッシュタグ!

「おっさんずラブ」のはるたんからの転身をコメントで、ハッシュタグでは上司黒澤武蔵を彷彿させて話題になっています!

共演者のアップに一緒に映る田中圭さん。
夏のタートルネックにジャケットに萌えるという遠藤さんのコメントもまたいいですね。
確かにセクシーと思わず納得してしまいました。(笑)

7月からのクールでは、はるたんから京極大輝へと転身した田中圭さんに引き続き注目です!

関連記事:
田中圭のドラマ 2018年のいちおしはおっさんずラブなのか?
ダブルファンタジーで田中圭がセリフを言えない!?
田中圭の舞台「サメと泳ぐ」のインタビューまとめ
ダブルファンタジー2話ネタバレ 岩井役の田中圭注目のセリフはラストシーンだった!

スポンサーリンク