田中圭 7月ドラマ「ケンカツ」第1話あらすじ

スポンサーリンク




「おっさんずラブ」で、はるたんロスを巻き起こし、「ダブルファンタジー」では岩井役でファンをノックアウトしている田中圭さん。

いよいよ7月17日火曜21:00~ドラマ『ケンカツ』こと「健康で文化的な最低限度の生活」(カンテレ・フジテレビ系)が始まります。

今回の役どころは、主人公義経えみる(吉岡里帆)の厳しき上司、京極大輝(田中圭)です。

ケンカツ「健康で文化的な最低限度の生活」1話のあらすじ

映画監督を目指したが挫折。安定と平凡を求めて公務員になった主人公の義経えみる(吉岡里帆)。

公務員ならこの先の人生も安泰だとホッとしたのも束の間、同期の栗橋千奈(川栄李奈)や七条竜一(山田裕貴)ら4人とともに配属されたのは、生活課だった。

そこは、生活保護受給者を支援する激務必至の課だった。

えみるは先輩ケースワーカーで指導担当の半田明伸(井浦新)から担当を任される。

しかし、その数はなんと110世帯!

福祉の知識もなければ人生経験もまだまだなえみるは、これまで知ることのなかった様々な人生模様の受給者たちと出逢い、大きな不安と戸惑いの中で、ケースワーカーとしてのキャリアをスタートする。

ある日、一本の電話が役所にかかってくる。
その電話は、えみるの運命を大きく左右することになる。

電話の主はえみるの担当受給者だった。
突然「これから死にます」とだけ告げ、電話を切ってしまう。

大慌てのえみる。だが、前任者や親族は「いつものことだから」と、まともに取り合おうとしない。

しかしこれが、新人えみるにとって、あまりにもショックな事件へと発展していく。

配属早々、厳しい現実を知ることになったえみる。

自分なりに受給者たちの人生に寄り添っていかなければならないと決意する。

しばらくして、えみるは求職活動中の受給者・阿久沢正男(遠藤憲一)と面談をすることになる。

阿久沢は、健康上の問題はないのになぜか咳が止まらなし。話を聞けば、一日一食しか食べていないという。

上司の京極大輝(田中圭)はえみるからの報告で、阿久沢のお金の使い道に何か秘密があるのではとにらむ。

「すぐに家庭訪問。徹底調査!」

と指示を出すのだった。

えみるは意を決して阿久沢の家を訪ね、調査のためにと冷蔵庫の中を見せてもらう。

そしてあるものを見つけるのだった・・・。

スポンサーリンク

田中圭「ケンカツ」の京極大輝を演じることについて

オリコンニュースのインタビューで、田中圭さんが今回のドラマ「ケンカツ」で京極大輝を演じることに対し、以下のように語っています。

ケースワーカーの仕事内容に関する詳しい資料を頂いたので読ませていただいたんですけど、ただただ凄い仕事だなと思いました。

人と向き合う大変なお仕事をされている方々を純粋に尊敬します。

究極な話、例えば俳優という仕事が無くなっても社会は困らないかもしれないけど、ケースワーカーというのは社会にとってなくてならない重要な仕事なんだということを思い知らされたというか。

そこは意識して演じなければと思いました。

出典:https://www.asahi.com

また、田中圭さんは京極大輝を、「おっさんずラブ」の春田と同じ感覚で演じられることができれば最高なんじゃないかと思っているそうです。

とはいえ、はるたん(春田)はオリジナルキャラクターであり、自由に演じることができたのに対し、今回の京極は原作に登場するキャラクター。

ある程度の人物像がある中で、春田と同様に思い切り演じることが出来たら、新たな引き出しが増える予感がすると語っています。

『ケンカツ』インスタの撮影風景が癒される

現在、撮影は順調に進んでいるようです。

ケンカツの公式インスタでは撮影風景やキャンペーン活動をする出演者の様子がアップされています。

7月2日には、主人公の吉岡里帆さんと一緒にドラマ内の区役所キャラクター「どーじょくん」ポーズをとった田中圭さんの写真がアップされています。

ハッシュタグがいまだ「おっさんずラブ」の黒澤部長を彷彿させていて、ファンからのコメントが殺到しています。

ドラマ内では厳しき上司を演じる田中圭さんですが撮影風景はいまだはるたん仕様なようです。

田中圭さんファン注目の7月新ドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』は7月17日21:00~放送スタートです!

スポンサーリンク