志尊淳 主演映画2018年11月公開の『走れ!T校 バスケット部』で田所陽一 役どころ!

スポンサーリンク




オリコンが毎年発表するのブレイク俳優で2018年の1位に選ばれた志尊淳さん。

カメレオン俳優とも呼ばれる彼は、現在もNHK連続テレビ小説『半分、青い。』で、主人公の楡野鈴愛(永野 芽郁)の親友であり漫画家のボクテこと藤堂誠を演じています。

そんな注目の集まる志尊淳さん、2018年11月3日公開映画『走れ!T校 バスケット部』の主演を務めます。

 映画『走れ!T校 バスケット部』のストーリー

現在公式サイトではあらすじはまだ発表されていませんが、この映画の原作は、松崎洋さんの同名タイトル小説『走れ!T校 バスケット部』。

全10巻のシリーズで、累計30万部を記録している人気小説です。

そのストーリーは実際に作者の息子さんの物語をベースに書かれているそう。

ストーリーは、バスケの才能をもった主人公 田所陽一(志尊淳)が特待生として白瑞高校(H校)に入学するところから始まります。

しかし、陽一はそこで悪質ないじめにあい、二度とバスケはしないと誓い、多田野高校(T校)へ転入することに。

転校先のT校には超絶弱小バスケ部があるのですが、その部員たちはとっても個性的。

陽一は彼らと出会い、日常を過ごす中で再びバスケを始めることに。

そしてウィンターカップでH校と対決を迎えることになるのです。

いじめ、友情、心を開ける大人の存在。

高校生という多感な年齢の描写は、10代だけでなく、大人も自分の青春時代を思い出すことができます。

その真っすぐな言葉の数々には、主人公の陽一だけでなく、彼を取り巻く大人の存在にも感動させられるストーリーです。

原作は、主人公が就職や結婚するまでの11年間にも及ぶ成長物語ですが、映画ではバスケ対決までが描かれると予想しています。

また、原作者の松崎洋さんは2014年にお亡くなりになっており、最終巻10巻は、小説のモデルにもなっている長男の松崎準さんが加筆して発行されています。

スポンサーリンク

主人公 田所陽一を演じる志尊淳 この映画の撮影を終えて

この映画の為に、約3ヶ月間バスケット漬けの日々を送った志尊淳さん。

これまでも高校生役を演じたことはありましたが、今回の映画ほど、「高校生らしく部活をやっている!」と思える現場はなかったそうです。

今思い返しても、キラキラした空間で楽しく濃い日々だったと言います。

また、大会シーンは共演者ともども、全力で身体の限界まで鞭打って撮影に挑み、その結果2日間ほど動けなくなったそうです。

コメントでは

「僕たちが、無我夢中で走り切った作品を是非観てほしいです。」

と締めくくっていました。

竹内涼真や千葉雄大など今人気の俳優陣も集結のキャスト

この映画のキャストもまた豪華!

公式でキャストが発表されてから、ファンからは志尊淳さんと竹内涼真さんの共演に喜びと期待の声も上がっています。

主人公の田所陽一はもちろん志尊淳さん。

やる気満々のキャプテン、
陽一のバスケと恋のライバルとなる
矢嶋俊介を佐野勇斗さん。

T高校バスケ部のマネージャー。
陽一と俊介と三角関係になる
佐藤浩子を早見あかりさん。

マネージャー浩子の兄。
大学バスケット界のスター選手
佐藤準役に竹内涼真さん。

陽一の担任。
学校一のイケメン教師
北条一紀役に千葉雄大さん。

バスケ部メンバー

バスケオタクのすし屋の息子
川崎裕太役 戸塚純貴さん。

とにかくモテたいキャラ
牧園浩司役 佐藤寛太さん。

陸上での記録を持つスピードスター
川久保透役 鈴木勝大さん。

愛称はコロ。
みんなに愛される後輩
根来修役 西銘駿さん。

みんなからいじられる後輩
斎藤健太役 阿見201さん。

陽一の母 田所佳代役 真飛聖さん。

陽一の父 田所正道役 椎名桔平さん。

小山先生役 YOUさん。

合宿所の管理人役 竹中直人さん。

 

と今人気の俳優からベテラン俳優まで、個性豊かなキャストになっています。

公式インスタグラムでは、撮影の風景や映画のシーンもアップされていますので要チェック!

公開に向けてこちらも盛り上がることが期待されますね!

映画『走れ!T校 バスケット部』の公開は2018年11月3日(土)~です。

スポンサーリンク